「ケア」をめぐる連続講座~第5回~

12月17日に行われた、服部万理子さんによる講座の模様です。



1. 在宅で終末期を迎えた高齢者の遺族へのケア
 ●終末ケアのキーパーソンを支える
 ●死亡でしか自宅に帰れなかった高齢者
 ●「これで良かった」が遺族を悲嘆から、新しいエネルギーへ
 ●私の失敗

2. 介護保険制度の見直しと、ターミナルケア
 ●グループホームに訪問看護
 ●通所看護
 ●日帰りショートステイ
 ●特養ホームに訪問看護
 ●医療行為の解釈変更
 ●重度介護に対応する小規模多機能

3. 軽度介護者のケアプランはどうなるのか
 ●要支援の位置付けが変わった
 ●重視される主治医の意見書
 ●新予防給付と予防プラン
 ●地域包括支援センターの動向と課題

4. 施設ケアから地域密着型サービスへの転換
 ●小規模多機能サービス
 ●施設の地域展開
 ●特定施設の拡大

5. 介護保険で試される当事者主体
 ●利用者の声を代弁しよう
 ●団塊は準備と意見を
 ●サービス事業者の質と経営
 ●ケアマネジメントの確立





コメントは受け付けていません。