第26回 「緩和ケアとしてのマッサージ療法」~リンパ浮腫、循環不全のむくみ・だるさの対処~講師: 理学療法士 額谷一夫さん

 病気そのものの回復の見込みがなく、ベット上生活が長くなってくると、下肢も上肢もなんとなくむくみっぽくなり、だるさが増してくることがよくあります。
むくみの薬として利尿剤には限界があり、だるさの症状を軽くすることには有効でないようです。
「マッサージの専門家はいませんか。」と尋ねられることがあります。しかし、日本中探しても、緩和ケア領域のこうした専門家はいないに等しい状況です。
 人の手、人の手当てが、うれしく感じる経験を、誰もが持っているのではないでしょうか。しかし実際に行なおうとすると、どんな方法で、どんな力加減でいいのか、迷うばかりです。
医学・看護学では、あまり取り上げられてこなかった分野ですが、今回、理学療法士の額谷一夫さんをお招きし、実習をまじえての勉強会を開きたいと思います。
 興味のある方、どうぞお誘いあわせの上ご参加ください。

☆☆☆ 講師: 額谷一夫さん略歴 ☆☆☆

1986年 : 国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院理学療法学科卒業
1997年 : University of South Australia, School of Physiotherapy Master course 卒業
-勤務先-
1986年 : 七沢リハビルテーション病院脳血管センター
1993年 : 国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院
2001年 : 国立療養所村山病院

日時 : 2001年7月31日(火) 午後7時より9時まで
場所 : 花の谷クリニック
    千葉県南房総市千倉町白子2446
参加費 : 500円
問い合わせ先 : 0470-44-5303

コメントは受け付けていません。