第24回 「口から食べる」 講師: 管理栄養士 藤平与志子さん

 毎日食事をすることは、あまりに日常のことで、「食べる」ということがどういうことなのか、食事をしながら考えている人はほとんどいないのではと思います。

管理栄養士の藤平与志子さんを講師にお招きし、ビデオを見ながら、「口からものを食べる」ということはどういうことなのか、あらためて考える機会をもちたいと思います。
 
 不健康な食生活や、病気や加齢で食べることが困難になったときの様々な工夫について学ぶだけでなく、食べることの喜びや健康について、
 皆様とともに考えたいと思います。

☆☆☆ 講師: 藤平与志子さんの紹介 ☆☆☆

女子栄養大学卒業後、佼成病院勤務を経て、鴨川保健所で健康相談員として栄養相談にあたる。
その後嶺岡園勤務、市内栄養士連絡協議会会長を勤め、現在エビハラ病院食養課長。一般病院、保健所、社会福祉施設などの現場で、病人、障害者、高齢者の嚥下の問題に取り組んできた。
最近は、嚥下障害をもってから、病気になってからの栄養相談ばかりでなく、健康なうちから、日頃の「食」の大事さについて、見直す必要性を感じ、施設外での活動の場をひろげている。

日時 : 2001年3月27日(火) 午後7時より9時まで
場所 : 花の谷クリニック
    千葉県南房総市千倉町白子2446
参加費 : 500円
問い合わせ先 : 0470-44-5303

コメントは受け付けていません。