第14回 「在宅医療における生活リハビリテーション」
講師: 生活とリハビリ研究所 主宰 三好春樹さん

医療、看護、介護の専門職の現場の常識を、誰にも専門領域化されない“生活の場”から問い直し覆し、“目からうろこ”の提言を示しつづける三好春樹さんを講師にお迎えします。私たちそれぞれが、専門職としての自意識を一時払いのけ、“人が暮らし、老いていく人間生活の自然の営み”を見つめ直すことで、医療と福祉が一体化した新たな視点を探る機会となればと思います。

 ・・・ 病気と違って、老いは自然そのものである。障害も呆けもまた、自然の一部だと私たちは考えている。どうして、病気という特殊な状況にに対するアプローチの体系である医療と看護が、これらの自然なものに対してはその有効性を失ってしまうのだろうか・・・? 
 よく老人には在宅介護が一番いい、なんて言う人がいるが、いくら在宅であったとしても、その条件を生かしていないならば、逆に悲惨な状態になっていることも多いのである。“施設”か“在宅”かという空間の問題ではなく、地域にも病院にも老人ホームに通底して必要とされている“生活の場の方法論”とはどんなものであり、従来の方法論をどう克服せねばならないか、という問題設定が必要なのである。 ・・・

「介護覚え書き」より

  報告1. 老人保健施設におけるデイケアの現状と問題点
      報告者: 老人保健施設「光栄舘」
  報告2. 老人福祉施設におけるデイサービスの現状と問題点
      報告者: 特別養護老人ホーム「花の里」
  報告3. 在宅訪問リハビリの現状と問題点
      報告者: まごころ訪問看護センター

日時 : 1999年3月26日(金) 午後6時30分より
場所 : 花の谷クリニック 病棟ホール
    千葉県南房総市千倉町白子2446
参加費 : 500円
問い合わせ先 : 0470-44-5303

コメントは受け付けていません。