第1回「子宮頚がんワクチン問題を考える」別府宏圀先生

2013年4月に小学6年~高校1年を対象とした定期接種となり、同年6月からは積極的な接種勧奨が中止されていました子宮頚がんワクチンですが、今年10月1日厚労省部会で積極的接種勧奨が再開されることになりました。この期に、有害事象の報道などを聞き、私自身の懸念が払拭できないことから、添付の勉強会を企画しました。HPVワクチンの問題に警鐘を鳴らしてきた神経内科医の別府宏圀先生と、産婦人科医の立場からHPVワクチンの接種を進める柴田綾子先生を講師にお迎えしてのZOOMでの2回連続講座です。

2021.10.23 1回目、別府宏圀先生のご講演の録画動画を配信します。

ご講演の文字起こし付きスライドも掲載します。

別府先生スライド資料

Image 1 of 85


大きい画像はこちら(クリックすると大きな画像のスライドショーが閲覧できます)

コメントは停止中です。